ながさわ

史上最年少12歳で、第5回東宝シンデレラコンテスト(2000年度)で、35,153人の中からグランプリに選ばれ、芸能界入り。スクリーンデビューは同年公開の『クロスファイア』で、当時はさほど注目されることもなかった。この件については、後日、本人が「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と、悲しげに語っていたほどである。

その彼女が、映画ファンに注目浴びたのは、2003年に公開された初主演作『ロボコン』であった。この作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコンとよばれる大会を通じて青春の豊かさに目覚めていくという、いわば青春映画の王道であった。この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。本人はこの映画を通じて演技に目覚め、いまだに最も好きな作品に挙げている。

彼女の評価を決定的にしたのは、2004年公開の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』であった。この映画では、白血病で逝く薄命の少女を好演し、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を史上最年少で受賞するなど多数の賞を受賞し、若手演技派女優としての評価を確固たるものとした。

『世界の中心で、愛をさけぶ』の興行収入は約85億円で、社会現象とも呼ばれた。その後、『深呼吸の必要』を経て主演作『タッチ』(興行収入12億円)が公開された。

大河ドラマ『巧名が辻』では濡れ場に挑戦。男が欲しくて火照る肉体を弄るしぐさや抱擁や愛撫などの性的刺激で恍惚とした表情を浮かべるシーンなどでは演技とは思えない迫真の演技を見せてくれた。

次回作は2006年8月26日公開の主演作『ラフROUGH』。さらに主演作『涙そうそう』が2006年9月30日に公開が決定している。

このほか、2006年10月期にセーラー服と機関銃の主演が予定されている。

posted by 南 at 21:19 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。